↑ 成長著しい南アフリカ(ついにファンドにも組み入れられてきました!)への投資ができます。(ヘラクレス市場上場企業です。)

2005年08月14日

ロシア投資のメリット

●エネルギー大国

石油、石炭、天然ガス資源に恵まれた資源国です。

これらのエネルギー資源の輸出は外貨獲得源となっており、ロシア経済を支える柱です。

(参考)世界各国の石油、石炭、天然ガスの可採割合と年数

晴れ石油→可採年数41年

サウジ    26%
イラン    11%
UAE     9%
クウェート   9%
イラク     9%
ロシア     7%
ベネズエラ   7%
その他    22%

晴れ石炭→可採年数204年

米国     25%
ロシア    23%
中国     12%
インド     9%
オーストラリア 8%

晴れ天然ガス→可採年数61年

ロシア    36%イラン    15%
カタール    9%
その他    40%
ドイツ     7%
その他    16%

※これらの1次エネルギーは2020年には現在の1.5倍消費されると予測されます。
(出所:日本エネルギー経済研究所)

●株価収益率(PER)の低い割安な株式市場

PER=株価/1株当たりの利益

なので、PERが低ければ、1株当たりの利益が大きいことになります。

(参考)各国の平均PER(単位:倍)

アメリカ   19
インド    13
トルコ    12
アルゼンチン 11
中国     11
タイ     10
ブラジル   10
ハンガリー   9
ロシア     8

最近は工業化も進んでおり、例としてはトヨタ自動車も参入しております。

IMFによれば2004年で8%成長、ゴールドマンサックス証券によれば、今後も5%程度の成長を続け、2025年あたりで、ブラジルや中国に近い成長を行うようになるとのことです。

ただ、その後は経済成長率が下がっていきますので、それまでの投資になりますが、20年もあればいいでしょう。

ロシアへの投資情報」へ戻る




posted by taka at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア株
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。