↑ 成長著しい南アフリカ(ついにファンドにも組み入れられてきました!)への投資ができます。(ヘラクレス市場上場企業です。)

2005年08月14日

ハンガリーの政治動向

・2004年10月、ジュルチャーニ内閣が発足。財務、内務、国防、農業などの閣僚は留任で、政策は前政権と大きく変わらないとみられている。

・2004年8月、メッジェシ首相が辞意を表明。支持率低迷が続く内閣の信頼回復を図り内閣改造を実施しようとしたが、閣僚ポストの配分を巡り連立与党内の支持を得られなかったため。与党社会党は、メッジェシ首相の後任にジュルチャーニ青年・スポーツ相を選出。

・2004年5月、EU加盟。

・2003年4月、EU加盟を問う国民投票を実施。賛成多数で承認(賛成:83.76%、反対:16.24%)。投票率は45.62%。

・2002年4月の総選挙では、中道左派の社会党(MSZP)・自由民主同盟(SZDSZ)が勝利。高い経済成長が続くなか、国民の所得格差の拡大により取り残される形になった低所得層の生活水準の向上、新規雇用創出などが支持された。前回98年の総選挙に続いて政権が交代。さらに、同年10月に実施された全国統一地方選挙で与党が圧勝し、野党第1党であるFideszは大きく議席を減らした。このため、与党による安定した政策運営がしばらくは続くものと予想されている。

東欧への投資情報」へ戻る




posted by taka at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東欧株
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5898314
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。