↑ 成長著しい南アフリカ(ついにファンドにも組み入れられてきました!)への投資ができます。(ヘラクレス市場上場企業です。)

2005年08月15日

メキシコ投資のメリット

メキシコ投資へのメリットはこんなところにあるようです。

●新興市場国から先進国に移行しつつあるメキシコ

1994-95年に通貨危機に見舞われたメキシコは、90年代後半以降、歳出を税収以下に抑える徹底した緊縮財政と引き締め気味の金融政策を続けた結果、財政赤字はGDP1%前後、インフレ率は95年の52%から、最近は4%前後へとディスインフレが継続するという新興市場国としてはトップクラスの成果を出しました。

●メキシコ経済の現状と展望

対外ファイナンスもNAFTA加盟と米国経済の高い成長の恩恵を受けています。

米国の製造業と連動性が高いメキシコ経済は、工業製品を中心とした輸出や外国からの直接投資が拡大し、輸出志向型に転換しています。

こうした輸出の拡大は、米国向けを中心に伸びており、米国向けが全体の88%を占めるなど、米国経済との一体化が益々進んでいます。

その結果、公的債務、対外債務も低水準にとどまり、民間部門に十分な成長の機会を提供してきました。

国内金融市場の成熟度からみても、メキシコは新興市場国ではなく、先進国のカテゴリーに属しています。


●高金利(3年SWAP=約10%)、低為替(1ペソ=約10.5円)

10年国債の利回りでみると、日本が1.2%であるのに対し、メキシコペソは9.5%です。(2005年7月現在)

確かに、ムーディーズの格付けはBaaであり、日本のA2とは差がありますが、今後の成長見込みも加味すると、多少のリスクをとった方がいいという考え方もあります。


メキシコへの投資情報!」へ戻る
posted by taka at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | メキシコへの投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


メキシコの通貨ペソ
Excerpt: ******************** メキシコペソ建利付債券に興味があります。 どう思われますか? ******************** 最近では、個人投資家でもメキシコペソ建て債..
Weblog: 為替王
Tracked: 2005-10-22 16:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。