↑ 成長著しい南アフリカ(ついにファンドにも組み入れられてきました!)への投資ができます。(ヘラクレス市場上場企業です。)

2005年08月14日

私が日本株以外へ投資する理由

私が日本株以外へ投資する理由は以下のとおりです。

・今後、少子高齢化が急進(少子高齢化対策が全く不十分)し、長期的に経済活動が活性化するのは難しい。

・今まで日本を成長させてきた「勤勉な国民性」「モノ作りの能力」については、他の国でもある程度充足できる。
(日本政府がとる対外政策の弱さから日本が誇る「モノ作りの能力」を十分に生かし切れていない=最新技術の流出のスピードが速いため、時間、コストをかけた技術を使って作り上げたものを他国がすぐマネできるので、優位性を長時間保てない。)

日本国の債務が膨大すぎて、大増税が行われ、今後必ず経済に影響する。

・日本企業でも個別に成長する可能性を秘めている企業はたくさんあると思うが、その個別銘柄をチョイスするために、様々な要因から分析する必要があり、また、初心者が多少勉強しながら投資をはじめても、損するのが関の山と思われる。

・日本にだけ投資しておいて、例えば、東京で大地震が起きて、首都機能が完全に麻痺するようなことがあれば、株価への影響も甚大。

ということで、

今後成長する国に対し、国自体に投資するといった方が確実に儲かり、また、リスクを回避できると見たことです。

たしかに、エマージング諸国といわれる新興国では株等が大暴落する可能性もあるわけだが、長期的に見れば、潜在的な力がある国は必ず復活してきているので、日本への1国集中投資によるリスクを回避するための手段としてはきわめて有効と思っているのです。

最強のエマージング国と言えば、私はインドだと思っています。
その理由は私が別に運営するサイトインド株徹底研究!一般家庭の投資実録において十分記載しているので省きますが、インドへの1国集中もまた危ないのです。スマトラ沖地震がインドITの中心部である「バンガロール」を襲ったら…。

というわけで、世界分散投資の対象国として、インド以外のエマージング国に投資する必要が出てくるわけですが、その情報があまりに少ないために、当サイトを立ち上げたわけです。

これから情報収集に努めたいと思いますが、みなさまからの情報もお待ちしています。

どんな些細な情報でも以下「comment」までいただければ幸いです。

エマージングファンド情報徹底研究!」トップへ戻る


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。