↑ 成長著しい南アフリカ(ついにファンドにも組み入れられてきました!)への投資ができます。(ヘラクレス市場上場企業です。)

2010年08月10日

ブラジルへの投資情報!

ブラジルは広大な国土をもち、多くの資源と安い労働力により急成長を遂げています。

いわゆるBRICSの1国として投資対象とされるようになりました。

はたして南アメリカの工場となるのでしょうか。今後の成長に期待です。

以下のページから投資情報を収集してくださいね。

●ブラジル株投資情報


ひらめきブラジルの基礎的経済指標
ひらめきブラジルの政治体制
ひらめきブラジルの政治動向
ひらめきブラジルの経済動向
ひらめきブラジルと日本の関係
ひらめきブラジルへの投資方法ぴかぴか(新しい)

目中国のブラジル支援

「エマージングファンド情報徹底研究!」トップへ戻る
posted by taka at 14:11 | Comment(1) | TrackBack(1) | ブラジル株

2005年08月17日

中国のブラジル支援

ブラジルはロシア、インド、中国とともに「BRICs(ブリックス)」と呼ばれる成長株。

人口は1億7000万人で、経済規模は東南アジア諸国連合(ASEAN)に迫る。

何よりの魅力は世界有数の食糧・資源大国であることだ。

鉄鉱石、大豆では、世界2位の生産量を誇る。

中国経済の拡大に伴い、中国・ブラジル間の経済交流は急拡大している。

ブラジルから中国への輸出は、鉄鉱石や大豆など一次産品が中心で、2003年の対中輸出額は5年前の5倍に膨らんだ。

中国はブラジルのインフラ整備に数十億ドルの支援を用意しているとされる。

ブラジルに期待する「資源と食糧の供給基地」としての役割は日本と中国で重なるために、日本もブラジルへの援助を惜しまない考えだ。

今後、日本のブラジル向け政府開発援助(ODA)も増額する方針とのこと。

ところで、他国(ブラジル)のインフラ整備に援助できる国(中国)へのODAを行っている日本って。。?

ブラジルへの投資情報!」へ戻る





posted by taka at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル株

2005年08月16日

ブラジルへの投資方法

ブラジルはBRICSの一角として成長を期待されていますが、日本からのブラジルへの投資方法は非常に限定的です。

●ADRの投資方法

ADRの説明は親サイトの「インド株徹底研究!」に譲るとして、このADRへの投資は、現在は楽天証券行うことが出来ません。

口座を持っていない方は、管理手数料などの維持費は無料なので、口座を開設してみるのがいいでしょう。(まずは資料請求から(無料))

楽天証券への資料請求


晴れADRにより、投資可能なブラジル企業一覧

位置情報BANCO BRADESCO (BBD) NY上場 銀行 チャート
 
位置情報CIA SIDERURGICA  (SID) NY上場 鉄鋼 チャート 

位置情報CIA VALE DO RIO DOCE 
 (RIO) NY上場 鉄鉱石、石炭等の採掘 チャート
 
位置情報PETROLEO BRASILEIRO S.A.  (PBR) NY上場 石油 チャート
 
位置情報TELE NORTE LESTE   (TNE) NY上場 固定電話 チャート
 
「ブラジルへの投資情報!」へ戻る





posted by taka at 15:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | ブラジル株

ブラジルの経済動向

・2005年上半期の貿易収支黒字は196億6,700万ドルと、上半期としては過去最高を記録した。

輸出額は前年同期比23.9%増(536億7,700万ドル)、輸入額は同20.2%増(340億1,000万ドル)。

輸出は工業製品など旺盛な外需が牽引し、輸入は資本財の伸びが顕著であった。

・政府は2005年6月30日、第1四半期のGDP成長率が当初見通しを下回ったことを受け、4.0%としていた2005年の経済成長率見通しを3.4%に引き下げた。

2004年6月以降引き上げられてきた金利は、来年の大統領選挙を睨み引き下げに転じることが予想されている。

・政府は2005年6月16日、投資、輸出、研究開発などを活性化させるための減税措置実施を発表した。

売上の8割を輸出する企業の社会負担金(PIS/Cofins)の徴収を当面保留し、また、研究開発機材の工業製品税(IPI)を減免する。

産業界で高まる重税批判を抑えようとの意図。

・ブラジル自動車製造業者協会(Anfavea)によれば、2005年5月の自動車販売に占めるフレックス車の割合が初めてガソリン車を上回った。

フレックス車とは、100%アルコール、100%ガソリン、もしくは両者をいずれの割合で混合しても走行可能な自動車。

なお、ブラジルで「ガソリン」と言えば、既にアルコールが25%混合されているもの(E-25)を指す。

・ブラジル地理統計院(IBGE)は2005年5月31日、2005年第1四半期のGDP成長率を発表した。

第1四半期は前年同期比で2.9%増、前期比で0.3%増と、2004年9月以降継続する高金利が影響し、経済成長の減速傾向が明らかとなった。

またIBGEは同日、発表済みの2004年の実質GDP成長率5.2%を4.9%に修正した。


ブラジルへの投資情報!」へ戻る
posted by taka at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル株

ブラジルと日本の関係

日本との貿易(通関ベース)(100万ドル)
年   日本の輸出(A) 日本の輸入(B) 収支(A-B)
1997    2,945       3,768       ▲823
1998    2,600       2,890       ▲290
1999    2,051       2,675       ▲624
2000    2,527       3,009       ▲482
2001    2,488       2,551       ▲63
2002    1,810       2,659       ▲849
2003    1,874       2,884       ▲1,010
2004    2,349       3,652       ▲1,303

日本の主要輸出品目:
自動車部品、ベアリング・歯車及び同部品、集積回路、自動車エンジン及び同部品、乗用車、自動データ処理機器部品、コークスなど

日本の主要輸入品目:
鉄鉱石、アルミニウム、鶏肉、大豆、コーヒー豆、オレンジジュース、パルプ、タバコ葉、ニッケル・カソードなど

対日貿易上の特徴および問題点:

輸出:資源および資源加工品に偏っている。

ここ10年ほどあまり品目に変化がみられない。また、長年にわたる交渉の末、2004年9月にブラジル産マンゴーの対日輸出解禁が発表された。

チチュウカイミバエ寄生の恐れから解禁に至っていなかったが、今回、温湯浸漬処理が殺菌技術として有効と判断された。

輸入:ブラジル国内に製造業も集積していることから、工業製品の完成品のみならず日本からの部品輸出も多い。

日本企業の投資件数と投資額:

件数:1,783件
金額:約160億9,500万ドル
備考:1951〜2004年度累計

日系企業進出状況:
企業数:約400社
企業名:トヨタ、本田技研工業、デンソー、アイシン精機、ソニー、松下電器、日本電気、アルプス電気、島津製作所、村田製作所、ヤクルト、日清・味の素、新日鉄、川崎製鉄、NTTドコモ、三井物産、三菱商事、丸紅、日商岩井、伊藤忠商事など

投資(進出)に関連した特長、問題点:
 連邦政府の税制恩典措置は辺境地に限定される。マナウス市がその代表例。ただし、他の自治体でも交渉で恩典措置を引き出すことは可能。60種類以上におよぶ租税体系、多発する労働裁判などマイナスの側面に注意。

外資導入:
1990年代の自由化の流れの中で、外資に対する規制は撤廃された。最も大きい規制緩和は1995年に実施された憲法改正であり、この中で、租税上あるいは行政上の待遇についてブラジル企業の定義を「民族資本」から「ブラジルで営業している企業」とした。
 インフレ収束による市場拡大とこうした規制緩和、さらに大型民営化案件により、90年代の後半以降、外資進出は活発化した。

対日企業進出状況:
企業数:18社(2005年7月時点)
企業名:ブラデスコ銀行、ブラジル銀行、バネスパ銀行、スダメリス銀行、ビジネス・コンサルタント・ジャパン、CBMM アジア、P&P コーポレーション、JCE オーバーシーズ、VEGA、ニッポン・フルーツ・ジュース、ペトロブラス、リオドセ、リオ・グランデ・ド・スル州貿易情報センター、サジア、ウジミナス、バリグ・ブラジル航空、WEGおよびJBC
出所:在京ブラジル大使館HP

政府ベース資金・技術協力(億円)
年度  有償協力  無償協力  技術協力
1998     0     0      53.89
1999     0     1.32    51.77
2000   462.86    1.83    47.97 
2001     0     2.13    49.43
2002     0     2.07    N.A.(30.09)
2003   216.37    1.69    N.A. 

在留邦人:
人数:69,019人
時点:2004年10月現在、(出所)外務省

ブラジルへの投資情報!」へ戻る





posted by taka at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | ブラジル株

ブラジルの政治動向

・2003年1月のルーラ政権発足以来3度目となる閣僚の交替人事は、2005年7月27日の発表で完了した。今回の改編により、現政権である労働者党(PT)所属の閣僚が初めて過半数を割ることとなった。

・政権の実力者、ジョゼ・ジルセウ文官長が6月16日に辞任を表明し、鉱山動力相のジルマ・ロウセフ女史が6月21日に新文官長として就任した。

今回の異動は、電信郵便公社に関する不正献金問題、与党による他政党の下院議員への贈賄問題に関する政治混乱の収拾を図ろうとするもの。

・ルーラ大統領が2005年5月26日〜28日に大統領として初の訪日を果たした。

26日に行われた小泉首相との首脳会談では、「日伯間経済関係再活性化のための共同プログラム」に盛り込まれた、

1.貿易および投資の促進、

2.エネルギー・資源分野における協力の増進、

3.インフラ分野における協力の発展、

4.エタノールの利用に関する対話の増進、

5.農業分野における対話の継続の5項目で両国政府が協力していくことなどが確認された。

また大統領は、両国が国連安保理常任理事国入りに向け協力していくことも訴えた。

・南米とアラブ地域34ヵ国の首脳がブラジルに集結し、2005年5月10、11日に開催された南米・アラブ諸国サミットは、パレスチナ問題やイラクの独立自治支援など、政治色の濃い内容のブラジリア宣言を採択して終了した。

・2005年3月22日に発表された全国工業連盟(CNI)と調査会社Ibopeによる世論調査CNI/Ibope)によれば、ルーラ政権の支持率は、前回調査(2004年11月)時に比べ4ポイント低下し58%となった。

経済の回復傾向を受け支持率は2004年後半にかけて上昇傾向にあった。

信頼度に関する調査では、ルーラ大統領を「信頼する」と回答した人が前回調査時より3ポイント減の60%、「信頼しない」と回答した人が1ポイント増の34%であった。

本調査は、2005年3月10〜14日に全国143都市の有権者2002人にインタビューしたもの。


ブラジルへの投資情報!」へ戻る





posted by taka at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル株

ブラジルの政治体制

政体:連邦共和国

元首:ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ Luiz Inacio Lula da Silva (2003年1月1日就任、任期4年)

議会制度:二院制

議会概要(定員数、発足年、任期):上院(任期8年)、定員81名 4年ごとに3分の1または3分の2を改選。下院(任期4年)、定員513名

内閣(主要閣僚):

役職 名前  日本語表記 名前  英字表記

文官長(官房長官)  ジルマ・ロウセフ Dilma Rousseff

財務大臣 アントニオ・パロッシ Antonio Palocci

外務大臣 セルソ・アモリン Celso Amorim

開発・商工大臣 ルイス・フルラン Luiz Fernando Furlan

社会保障大臣 ネルソン・マシャド Nelson Machado

企画・予算・管理大臣 パウロ・ベルナルド Paulo Bernardo

鉱山動力大臣 シラス・シルバ Silas Silva

農務大臣 ロベルト・ロドリゲス Roberto Rodrigues

保健大臣 サライバ・フェリペ Saraiva Felipe

通信大臣 エリオ・コスタ  Helio Costa

改選年 2004年1月,2005年3月,6-7月に内閣一部改造

副大統領:ジョゼ・アレンカル(Jose Alencar Gomes da Silva)


ブラジルへの投資情報!」へ戻る





posted by taka at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル株

ブラジルの基礎・経済指標

国・地域名:ブラジル連邦共和国 Federative Republic of Brazil

面積:8,547,403.5・方キロメートル臓日本の22.6倍臓

人存:181,590・人臓2004年臓

首・:ブラジリア  人存204万人臓2000年時点臓

言語:ポルトガル語

公用語:ポルトガル語

宗教:ローマカトリック臓76%臓、プロテスタント臓11%臓

国債の格付け Ba3臓ムーディーズ。参考 日本 贈2臓

実質GDP成長率:
4.9% [2004年]

名目GDP総額:
1兆7,666億2,103万レアル [2004年]
6,039億4,823万ドル [2004年]

一人あたりのGDP臓名目臓:
3,417ドル [2004年]

消費者物価上昇率:
7.60% [2004年]    (IPCA ・積)

失業率:
11.5% [2004年]    集揃方・変更、大・市圏・均

経常収支臓国尊収支ベース臓:
116億4,500万ドル [2004年]

貿易収支臓国尊収支ベース臓:
336億7,000万ドル [2004年]

外貨準備高:
527億3,980万ドル [2004年]

対外債務残高:
2,013億7,400万ドル [2004年]

属替レート臓期中・均値、対ドルレート臓:
2.9251レアル [2004年]

属替レート臓期末値、対ドルレート臓:
2.6536レアル [2004年]

通貨供給・伸び率:
4.4% [2003年]    M2

輸出額:
964億7,522万ドル [2004年]

対日輸出額:
27億6,800万ドル [2004年]

輸入額:
627億8,180万ドル [2004年]

対日輸入額:
28億6,824万ドル [2004年]

直接投資受入額:
181億6,600万ドル [2004年]


ブラジルへの投資情報!」に戻る





posted by taka at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル株

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。